pic4i.com

エンタメ情報


株取引の税金はそれほど高くない

今月から株式投資をしているのですが、なかなか調子がいいようです。アフィリエイト収入をそのまま株へとつぎ込んでいるのですが、株式の方でも高収益が見込めるので、いわゆるマッチポンプ状態が続いております。

考えてみますと、事業収益であるアフィリエイト収入には高額な税金がかかるのに対し、株式取引の場合は今年中は10%ぐらいなものなので、どうせ労力を使うのでしたら、株の方に注力した方が効率的な気が致します。

来年度からは20%になるようなんですけど、現在の10%って安すぎじゃね?という気もしてしまいます。事業で億単位の金額を稼ぎましたら、法人や個人事業の違いはあるにしても、4割~5割程度は税金で消えてしまうわけですが、株で稼いだ場合はほんの10%かそこらなわけですので、非常に優遇されているものと思うのです。

なかには、株取引は損をする可能性もあるじゃないかという向きもいるようですが、事業を経営するのも会社で働くのも常にリスクがあるのはつきものです。倒産やリストラなど、安定しているものなど何ひとつありません。そのようなことを考えますと、株取引で稼ぐには、今まさにこの瞬間がチャンスといえるのではないでしょうか。

アフィリで1日5万、株で1日5万稼ぐのを比較しますと、アフィリの場合は500万程度の税金がかかるのに対し、株なら180万円程度ですので、それだけで年間300万円以上も違ってくるわけです。どうせ、時間と労力を使うのでしたら、株取引に注力した方が効率的といえるでしょう。

中国でのデモとマヤの予言

中国関連の情勢が緊迫感を増していていますが、意外に大事になってきている気がします。まず、中国側からすると反政府のデモに方向転換するのは避けたいはずですので、尖閣問題での譲歩はかなり難しい状態となったようです。一方、日本でも他の面では譲歩できるでしょうけれども、上陸・滞在となった場合には、おそらく妥協の余地がなくなってしまうはずです。

中国はもう止まることができないでしょうし、かといって日本にも譲歩には限界があります。小競り合いの末、本格的に開戦してしまう可能性も大きいのではないでしょうか。

以前に文明の衝突という本がベストセラーになりましたが、あの本では日本はアジアの一部というふうにとらえられていましたが、民度からいいますと、日本は欧米諸国に近いのではないかと思います。普通に考えて、中国や韓国のような品のない行動は日本人ならまずしないでしょうし、感覚としては、アジアの一員というよりも欧米の一部という感覚の人の方が多いはずです。

となりますと、中国+その他VS日本+米+ヨーロッパといった文明の衝突になる気がしています。

今年は2012年のマヤ予言の年ではありますが、もちろん私は否定派の人間ではあるのですが、9月にこぜりあいがこじれ、10月に開戦したとしますと、11月、12月には世界的に飛び火する可能性もなくはない気もしてきました。おそらくそんなことはないと思いますが、ひょっとすると、そういうこともあるのかなという気もしてきました。

hulu休会は期限ギリギリまで待つべき

以前にhuluというネット動画を利用していたのですけれども、最近は見なくなってしまったので、休会届けを提出しようと思ったのです。

まぁ、思っただけではなく、実際に休会したんですけど、てっきり休会届けを出しても、お金を出した期間分は視聴できるものと思っておりましたもので、あと何日かはまだ楽しめるなと思っていたのです。

外は放射能が心配。だからおうちでレンタルDVD

台風の影響でしょうか、風向きによって福島第一からの放射性物質が飛んできたりもしているようです。
ただちに影響が出るレベルではないようなんですが、やはり、ある程度収束するまでは、外出するのはなるべく避けた方がいいような気がいたします。

そこで、家でインターネットをしたり、テレビを見たりしているわけなのですが、宅配のレンタルDVDでも借りて、おうちでゆっくりそごしたりするケースが最近は多いです。
今まで見ていなかった映画やドラマ、あと新作のチェックがてらちょくちょくと借りてみたりしているのです。