pic4i.com

経済


世界市民として原発再稼働は容認の立場

原発再稼働の問題がとりざたされておりますが、個人的には国民投票で全員の意思を問うべきだと考えております。それだけの深刻な事故が福島で起きておりますし、一度、国民の賛否を問うべきでしょう。

ただ、原発を全廃するというのなら、現状での電気代はまだそれほど値上がりはしておりませんが、再値上げは避けることができません。電力会社が自助努力でカバーできる範囲を大幅に超えておりますので、コスト増への覚悟が必要になってきますが、それは電力会社だけではなく、国民一人ひとりに重くのし上がってきます。

再値上げで電気代が高くなれば、電気を使用する産業すべてに影響が出てきます。結果として企業のコストが大幅に増え、海外移転が進み、雇用も失われることになりかねません。大なり小なり、国力が減退することにつながっていくはずです。

また、石油や石炭などのエネルギー源を他国に依存するのは、有事の際のリスクも高いです。ヨーロッパでは、ウクライナ問題でロシアからのガス供給が不安視されていますが、昔の太平洋戦争の日本にしろ、湾岸戦争にしろ、資源のある・なしで紛争が勃発するのは今も昔も変わりありません。

それらのリスク全てをきちっと確認した上で国民投票で意思を問うべきであり、最終的に、全廃するにせよ、再稼働をするにせよ、その結果についての責任は日本国民全員で負うことを確認した上で判断するべきだと思うのです。

個人的には再稼働は容認の立場です。原発全廃でも日本はあまり困らないかもしれませんが、世界的に考えると、化石燃料のみでエネルギーを賄うのは長くは続きません。

日本はインドの人口の10分の1しかないのにも関わらず、ほぼ同じ程度のエネルギーを消費しています。世界的に人口が増加しているなか、日本にお金があるからといって、化石燃料などをいくらでも使えるというわけではないのです。

地球温暖化や大気汚染、人口増加による世界的なエネルギー不足なども考慮に入れれば、限りある化石燃料は貧しい後進国に譲り、先進国である日本は自前でエネルギー源を確保する必要があるのです。日本が化石燃料を購入することで価格があがり、後進国の人々が苦しい生活をしいられるのは避けなければなりません。

そのような情報をすべて共有した上で、再稼働か原発全廃かを判断するべきでしょう。

2円切手はうさちゃん、52円はさくら、82円はウメでした。

消費税が増税されるとのことで、2円切手を買ってきました。

2円切手は「うさぎ」、82円切手は「ウメ」になっているみたいです。
うさちゃんは「エゾユキウサギ」みたいですね。



ちなみに、52円切手は買ってないのですが、ソメイヨシノの「サクラ」、92円切手には「スミレ」が描かれているみたいです。これらは郵便局の公式サイトからもネット購入できるみたいです。

どちらかというと、私は収入印紙を使うケースが多いのですが、印紙については非課税とのことで値上げはないらしいです。

今後、ハガキは52円、封筒は82円になるようですが、いつも微妙に思うのは、重たい封筒の場合は92円になるみたいなんです。定型で25グラムまでが82円、50グラムまでが92円とのことですが、これは実際に計っている人いるんでしょうか。

うちには一応、郵便料のわかる計りもあるのですが、面倒くさいんでいちいち使ってないです。ちょっと重いかな?というような感覚があれば、すべて多めの額の切手を貼ってだすようにしています。

だって、そんなのわかるわけないじゃないですか、25グラムって。

一応、百円玉が4.8gのようなんで、百円玉5枚分ならセーフ、6枚分ならアウトって感じになるかと思います。500円玉でいえば、3枚ならセーフ、4枚でアウトって感じですが、そんなのいちいち確認していられないです。

計りだって1個買えば数千円ぐらいはしますし、その費用をかけるのだったら、毎回10円分多く貼って出した方が安上がりです。

そもそも、私の時給を考えると、計っている間に人件費分で10円切手100枚分ぐらいの猛烈なロスにはなりますので、貼るかどうか迷っているだけ無駄というものです。なので、私はたいてい92円のを使うケースが多いのです。

2014年ソニー株価を占っちゃうよ

約1年ぶりとなりますが、ふたたびソニー株に注目しております。
去年の記事を見てみますと、ちょうど今の時期にソニー株を買っていたもようです。

その後、住民税の納税前に一旦売却し、100万円ちょっとの利益確定ができたのでソニーとは相性がよい感覚を持っております。2300円台でほとんどを売却したので、一番いい時期に売れたのではないかなと思っております。

その後はまったく見向きもしなかったのですが、先週、ふとチャートを確認してみますと、ピエロというチャート上でのしるしが出ていたので買った見たのです。陰線、ギャップダウンで陽線、そしてギャップアップで陰線の形になりますが、これが出たら私は必ず買うようにしているのですが、ちょうど決算発表の数時間前のことでした。

決算内容自体は赤字ということでしたので、ある程度下がることは覚悟していたのですが、なぜかこれが下がらずに、翌日にギャップアップしております。その後もADRで1700円を超えてきましたので、今日もおそらくはギャップアップでのスタートとなるでしょう。

ニュース報道では決算が赤字ということでメタクソにいわれていますが、去年よりはぜんぜんいいのではないかという感じを持ちました。

去年は、収益自体が赤字なのに、ビルの売却で無理やり黒字にした印象がありましたが、今年は逆に、増収増益の上での特別損失で赤字ということですので、実質的な中身でいえば、収益が改善してきているのではないかと。

それに加え、先行投資した分のプレステ4の収益が見込めますので、今年はわりと明るいきざしが出てきたような気がしています。

もちろん、結果をみれば赤字決算ですので報道では悪くいわれてはいますが、決算内容自体はそんなに悪くはないんじゃないでしょうか。個人的にはそれほど悪くない印象を持っていますし、去年2300円で売った時期よりは状態がいいような感じがしております。

4月の消費税の増税をうまくこなせたら、急激な株価回復も見込めるかもしれません。そんなわけで、今年は年間をとうしてホールドでいこうと思っております。

※もちろん、当サイトでソニー株の購入を推奨しているわけではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

認定NPO法人に寄附した際の住民税控除について

来年の確定申告で寄附金控除をされる方も多いと思いますが、メジャーな慈善団体でも住民税控除の対象にはならないケースが多いようです。 所得税控除についてはたいていの場合、申告することで控除されるようなのですが、県民税、市民税では地域によって控除対象になる場合とならない場合があります。

例えば、私が今年、寄付をした国境なき医師団なのですが、こちらは所得税控除は対象とはなるものの、住民税については私の住んでいる自治体では控除対象にはなっていません。 条例で指定されている認定NPO法人に指定されてはいないようで、控除申請しても対象外となってしまうようなのです。

一方、東京では住民税の控除対象になっているようです。この「条例指定」というのはおそらく、その事業所がその地域にあって、活動実績があるかないかの違いによるものと思われますが、地域によってバラツキがあるようです。

これはユニセフなどでも同じです。ユニセフは認定NPO法人ではなく、より規模の大きい特定公益増進法人ですが、ある地域では控除対象となるものの、別の市区町村の方ではNGとかありますんで、寄附金控除の対象になるのかならないのかについて調べてから申請する必要があります。

つまるところ、NPO法人で「認定」タイプの場合は所得税、「条例指定」タイプの場合は住民税が控除の対象になる?と考えればいいのかもしれません。(詳細については未確認ですので、確定申告の際はお住まいの地域の役所にご確認ください。)

なので、多くの事業所が活動している東京都の場合は、わりと条例指定で住民税の控除対象となっているケースも多いようなのですが、地方の場合はそれほど多くはありません。というか、ほとんど対象とはなっていないケースが多いようです。

この点で、寄付金に地域格差があるようなので是正してもらいたいものです。