手切れ金はいくらが相場なのか?

先日、数年来親しくしている女性に男の影が見えたため、別れをこちらから切り出して身を引くことにしたのですが、ぼくの勘違いだったようで結局はまだ関係が継続しています。その際、手切れ金はいくら渡すべきかで疑問があり調べていたのですが、どうも手切れ金と慰謝料は違う扱いになるようです。

「手切れ金」については法的な拘束力がないけれども、気持ちの上で片方が納得できない場合、丸く納めるために任意で渡すものとなっています。お互いに納得している場合は必要ないのでしょうけれども、双方の合意の上で決まる金額なので法的な強制力はありません。

一方、「慰謝料」については法的な強制力があり、場合によっては督促や強制執行などもあります。離婚時の慰謝料が代表的かと思いますが、この場合の相場は数百万円ぐらいとなっているようです。婚約解消の場合にもこの慰謝料が発生するケースもあるようです。

今回のぼくのケースの場合、どちらかというと愛人関係にあたるのですが、精神的な負担があったのは僕の方ですし、気持ちの上で未練があったのも僕の方なので、本来なら逆に手切れ金をもらうべき立場なのかもしれません。

ただ、その子は気持ちの優しい子なので話を切り出すのも辛いだろうと感じたので、胸が張り裂けそうな気持を抑えつつ、ぼくの方から身を引いて別れを切り出すことにしたわけです。結局はぼくの勘違いではありましたが、自分の方から切り出す場合にはやはり手切れ金的なものも必要になるかと思い、その時はいくら用意すべきかで迷いがありました。

これはピンきりのようで、数十万のケースもあれば、数百万から数千万のケースもあるようです。

ただ、税金的な懸念もありまして、一般的に「心身又は資産に加えられた損害につき支払を受ける相当の見舞金」の場合は非課税となるようですが、「社会通念上それにふさわしい金額のものに限られます。」とのことなので、税金的にもはっきりとした金額の相場はないようです。

おそらくではありますが、数千万円レベルの手切れ金の場合、「一方的に別れを切り出されて辛いから。」という理由では通用しないものと思います。なので、税金的な懸念を避ける意味でも多くても数百万円程度が限界なのかなという気もしないではないです。

ただし、贈与税には年間110万円の非課税枠がありますので、この金額まではどのみち税金がかからないかと思います。

いずれにしても双方の合意というか、たいていは男性側からの誠意という形で一方的に決まるものと思います。

僕の場合、年齢差が親子まではいかないものの、それに近いものがあり、若い時のプライスレスな数年間を自分に費やしてくれた感謝の気持ちもあって手切れ金を渡そうと考えたのですが、そんなの要らない的なそぶりだったのは少し意外でした。

ぼくのなかで男気スイッチ的なものが入った瞬間なのですが、男子たるもの、こういう時のために貯金はしておくべきではないかと思います。

カテゴリ: