pic4i.com

健康


緊張しいの克服方法

私はもともと緊張しいですので、ちょっとした面接や打ち合わせ、あるいは女性と会う際などはいつも苦痛が伴っていました。頭ではそれほど緊張する必要はないと分かっており、実際、数分を経過するとリラックスできるのですが、それまでの待ち時間が苦痛で仕方がないのです。

僕の経験から考えると、この待ち時間の間に緊張ホルモン「コルチゾール」がどんどん分泌されていき、結果として緊張してしまうのだろうと思います。なので、女性の唐突な訪問や打ち合わせの場合はリラックスして対応できるのですが、この待ち時間があるとどうしてもいつもの緊張しいのパターンに陥ってしまうのです。

これを何とかしようと、これまでに様々なことを試してきました。深呼吸やイメージトレーニングはもとより、サプリだ何だと取り入れたものの、まったく効き目はなかったです。

唯一、有効だったのはお酒です。

お酒が入るとリラックスできるのと同時に、力がみなぎってくる感覚があるのですが、これは脳内物質の「ドーパミン」や「セロトニン」が分泌されることによるものらしいです。けれども、もちろん、お酒に頼って何かをするというのは実用性がありません。

ほか、漢方やサプリなどもいろいろ試してみたのですが、効果はほとんどありませんでした。

そんな折、「力のポーズ」という方法があることを見つけたのですが、これはなかなかいいように思います。社会心理学者のエイミー・カディさんがyoutube動画で詳細に説明していますが、大きな手を広げるようなポーズを2分間とることにより、脳内の「テストステロン」や「コルチゾール」のレベルが変化し、自信がみなぎってくるようなのです。

これについては、以前から無意識のうちに僕もやっていたように思います。

例えば、背筋を伸ばして前をまっすぐに向けば、自然と堂々とした気持ちになります。また、個人的には制服なども関係あると考えてます。けれども、これを今まで意図的にはやってなかったので、うまくいくときといかないときがあったように感じています。

緊張しいの人は、「力のポーズ」、あるいは「パワーポーズ」などで検索すると動画が出てきますので、一度、試してみるとよいかもしれません。

ゴールドの普通免許更新をレビュー。(優良運転者講習)

ゴールド免許のペーパードライバーなのですが、免許の更新時期がやってきたので、次回更新の時のためにメモしておきます。更新時期は誕生日の1か月前から1か月後までの2か月間です。更新手続きのハガキが1週間ぐらい前に到着しました。

私が心配していたのは、視力がまだ間に合うかということでした。

前回の更新から5年が経過しており、デスクワークですので、この間に視力が相当落ちている心配がありました。
コンタクトの数値でいえば、度数のPWRが「-7.50」、ベースカーブのBCが「8.5」のジョンソン&ジョンソン、トゥルーアイを使用しておりましたが、心配だったため、一つ上のPWR「-8.00」、BC「9.0」を購入しました。

実際に付けてみると、ひとつ上の度数のものはきつめで違和感があったため、当日はいつものPWR「-7.50」、BC「8.5」を付けて適正検査を受けております。一応、一つ度数が上のコンタクトとレイバンフレームのメガネを持っていきましたが、こちらは使うことがありませんでした。

いつものコンタクトで、小さな輪の切れ目を口頭で右、左とつげ、3段階ぐらい度数がアップしていきましたが、2段階目までは余裕、3段階目の一番ちいさめの輪が多少目を細めたぐらいで心配するほどではなかったです。

もちろん、これは自分の度数ですので、この度数のコンタクトを買ったからといって誰もが適正検査が通過するわけではありません。視力に不安のある方は、眼科にいって視力検査を済ませておくことをおすすめしますが、普通免許の場合、片眼で0.3以上、両眼で0.7以上なので、思ったよりも余裕があった気がします。

手順としては、受付で申請書をもらって書き込みを済ませ、それを持って手数料を納付します。そして手数料の証紙が貼り付けられた紙が渡されますので、そこに印鑑で割印をして視力検査、そのまま2階に行って写真撮影という手順です。印鑑は割印をするためなので、実印ではなく、ちいさめの適当なものがいいと思います。

写真撮影のあと、多少の時間をおいて講習の受講になりますが、並んだ順番に座席番号のついた紙を渡されます。このとき、後ろの方に並ぶと後ろの方の席になります。わたしは最後の方に並んで後ろの席を確保しましたが、最前列で受講したい方は、はやめに並ぶとよいかもしれません。

席についたら、紙の裏面に名前と住所を記入しました。このとき、筆記用具が必要になりますが、忘れた人は講義室の前の方に筆記用具は用意されていますので、それを使うとよいと思います。

その後、30分ほど講義を受けてその場で名前を呼ばれて免許交付、解散となりました。

この間、講習を受ける際の教科書みたいなパンフレットをもらいましたが、折れば後ろポケットに入りましたので、手ぶらでいっても特に問題なかったです。必要なものは、視力検査に通らなかった場合の「予備のコンタクトやメガネ」、「更新連絡のハガキ」、「旧免許証」、「筆記用具1本」、「割印のための小さ目の印鑑」のみで、あとは特に何も必要ありませんでした。

以上は、自分の地域での更新手続きですので、更新場合によっては写真が必要だったりするかもしれませんし、免許の種類によっては必要な視力の度数も違うと思うので、ご確認されることをおすすめします。

ストレートネックの解消に健康枕を買ってみました。

先日、以前から気になっていた健康まくらを買ってみたのですが、デスク作業が少し楽になったように感じております。いわゆる腰枕というものらしいのですが、首と腰にふたつの枕を使用して背骨のゆがみを整えるという趣旨のようです。

まだ使いはじめて数日程度ですが、何となく体が楽になったような気がします。ボクはいまだに首がすわっていない状態なので、首を動かすのも一苦労なのですが、振り返る可動範囲が若干広くなったかもしれません。

人間の背骨には適切なそりが必要で、少し湾曲していないと体の重心がずれてしまうようです。そして重心がずれると重い頭を支えるのに首が極度に緊張した状態になってしまい、肩こりや頭痛の原因になってしまうようです。

いわゆるストレートネックという状態になってしまうわけですが、これに適切なそりを付けるには首だけでなく、腰あたりから矯正しないとだめなのだろうと思われます。そのようなイメージで腰枕を使ってみるとよいかもしれません。

今まで首を鍛えようとした時期もあるのですが、首を鍛えるのは腕や足と比較するとなかなか困難なものです。アメフト選手は首だけで逆立ちをして鍛えるようなのですが、素人がやっても危険なので、このような枕でストレッチをすることからはじめようと思ってます。

あわせて、これとは別に猫背を治す本なども買って読んでいるのですが、肩こりを治すには体の重心を適切に保つことが大切なんじゃないかという気がしてきました。重たい頭部を首の筋肉だけで支えてしまうと肩がこってしまうので、腰や足などを含めた体全体で支えるような姿勢にすることで、肩こりは解消していくような気がします。

7月までは5月病でいる予定です。

どうもやる気が出ない...。

私もいわゆる5月病にかかってしまったようなんですが、ストレスの多い生活をしているので、それも当然ではないかと思うのです。ただ、はたからは「ストレスなんてまったくない生活じゃないの?」と見られているようなのです。

といいますのも、ネット事業を一人でしておりまして、基本的に働く時間も自由ですし、1か月休もうと思えば休めます。逆に、24時間働こうと思えばそれもできるのです。

基本的に、時間給や月給ではなく、成果報酬の形になりますので、やればやるだけ収入が増える半面、さぼろうと思えば、ほぼ無職のような状態でもまったく問題がないわけです。

今までは、何とか生活する分を稼げるようになるまではと思い、ここ数年間はほぼ休みなしの状態でした。毎日、20時間は働きづめで、休みは数年間で数えるぐらいだったかと思います。

週休ではなく、年休2日制みたいな、そんな状態だったわけです。

けれども、最近はある程度は成功してきましたので、月に2~3日でも働けば、サラリーマンの月給ぐらいは稼げるようになっております。ひょっとすると、プロ野球選手ぐらいの収入はあるかもしれません。

なので、最低、月に2~3日だけ働けばいいわけですし、ある程度の貯蓄もあるので、何となれば、1年間休んでもいい状態なんです。実際、2週間ぐらい旅行に出かけることもありますし、自由気ままなライフスタイルを送っているわけです。

そのような状態なんで、はたから見れば、お気楽なお仕事のように思われているようなんですが、実際、遊んでいるようなものなんです。

ただ、違った種類のストレスがかなり多いわけです。まず、税金面だけでも、年間数百万円程度はかかりますし、これに頭を悩ませることになるわけです。これを払えなければ、延滞金などを考えると、1生かかってもとても返せる金額ではないですし、破産なども税金に関してはできませんので、ある意味、サラ金よりもこわいです。

加えて、お付き合いのある取引先や税理士、サイト訪問者からのさまざまなメール対応なども無数にあります。この点、一人で会社をしておりますと、ルーチンワークも受け付けも経理も何から何まですべてこなさなくてはいけないわけです。

一方で、そんなにあくせく稼いでも、収入の半分が税金でもっていかれるという現実がありますので、何でそんなにあくせくするの?何の意味があるの?税金をたくさん払うために働いてるの?という考えに陥ってしまうわけです。

そんなわけで、ただ今、5月病です。

でも、あせっても仕方がないんで、7月までは5月病をする予定です。こういうときは、瞑想なんかをしてみるといいかもしれませんね。

帯状疱疹のレビュー

最近、帯状疱疹にかかってしまったのですが、意外に辛い病気でした。
かゆいし、ピリピリ痛いし、腫れるしで何も手につきません。

この帯状疱疹は、初老やストレスが増えた際など、体の免疫力が落ちた際にかかるウイルス性の皮膚病です。幼児期に水ぼうそうウイルスとして撃退されものの、神経節に隠れて反撃の機会をうかがっていたウイルスが、免疫力が落ちた頃合いを見計らって再活発化することで生じる病気になります。水ぼうそうの忠臣蔵みたいな感じかもしれません。

この水ぼうそうのウイルスが、隠れ家の神経節から皮膚に上がってくる際、神経をこわしてやってくるためにピリピリとした痛みが発生します。そして、皮膚まで浮上した際、水膨れの症状を発生させ、ニキビに似たブツブツができてしまいます。

体の左右のどちらかのみに、ピリピリとした痛みの伴う水膨れが生じた際は病院で診察されることをおすすめします。

私の場合はおでこにこんな感じのブツブツができました。

私の場合、症状が出る数日前ぐらいから下痢の症状があり、次に頭痛がきて、ブツブツが発生、そしてピリピリとした痛みを伴いながら、ブツブツの範囲が拡大していきました。

最初のブツブツ発生から2日後には皮膚科に直行し、すぐに薬を飲みはじめましたので、数か所のブツブツ程度で済んだのですが、もし病院に行くのが遅かったら、顔じゅうにブツブツが広がってしまったかもしれません。できるだけはやめに皮膚科の病院に行き、治療を受けられることをおすすめします。

あと、これは一般的なのかはよくわかりませんが、私の場合、神経を使うことをすると、痛みが出てくるように感じております。パソコン作業なども目が疲れますので、今もちょっと辛いです。

もともとは水ぼうそうウイルスに対する免疫力が落ちてくることにより生じてくるものなので、免疫力の抗体が増えてくるに従い、自然に治ってくるはずです。おおむね、1~2週間程度をピークに回復していくようですが、その抗体を作り出すために栄養補給をしっかりして、安静の状態をキープされることをおすすめします。

気になるのは、人にうつるのかどうかという点ですが、もともとが水ぼうそうのウイルスですので、水ぼうそうにかかったことのない幼児には接触しないことをおすすめします。この場合、帯状疱疹としてうつるのではなく、まずは水ぼうそうとしてうつるようです。

そして、その幼児の水ぼうそうが治り、その子が大人になった際には、同じように帯状疱疹として生じてくる可能性もあります。帯状疱疹は水ぼうそうで撃退されたウイルスが神経節に隠れ、大人になってから再活発化することで神経にそって生じてくるため、水ぼうそうにかかったことのない人に対して帯状疱疹そのものが人にうつることはないようです。

同じように、水ぼうそうにかかったことのない大人の場合も、水ぼうそうとしてうつることがありますので、妊婦さんや幼児には注意した方がよいでしょう。大人になってからの水ぼうそうは重症化するおそれもあるとのことで注意が必要です。

いずれにしても、仕事には集中できないと思いますので、安静にしていた方がよいと思います。特に、顔に出来た際などはまわりに配慮して休んだ方がぶなんかと思います。「あなたは水ぼうそうにかかったことありますか?妊娠してますか?」とか、いちいち確認するわけにもいきません。

ちなみに、帯状疱疹がなおりますと、免疫ウイルスが増えますので、再発する可能性はかなり低いようです。