青汁の買いだめはやはりいけませんね。

震災から一ヶ月以上が経過しておりますが、福島県では野菜の風評被害が発生しているようです。
個人的に野菜にはこだわっている方ですので、あちらの方でしか採れない野菜に出荷制限がかかるのは残念です。
からし菜?とかほうれん草とかはあの地域でしか採れない野菜なのでしょうか、いつもよく食べているのですが、市場に出回らなくなるのは残念でなりません。

あと、私は青汁をよく飲むのですが、こちらの方も、ケールや大麦若葉などが使用されているようですので、このあたりも気がかりではあります。
青汁の比較情報を見てみますと、ケールや大麦若葉などに関しては九州あたりの産地のものが多いようですので、直接的な影響は少ないように感じますが、いずれにしても、風の影響を大きく受けるはずですので一概にはいえないと思います。

ただ、個人的には、次のようなパターンも考えられるかもしれません。

野菜の高騰→野菜が買えない→野菜不足→青汁の購入

そのようなわけで、多少は青汁のストックをふやしておこうかなと考えておりますが、いわゆる買いだめというものです。
これはいけないということはわかってはおりますが、実際問題として、先月はミネラルウォーターの不足という事態が生じておりました。
特に、赤ちゃんのいる家庭ではミルクの水が必要不可欠なわけですが、安全な水がないではすまされないものです。

政府が配給してくれるのならわかりますが、そんなことはしてくれるわけがないですので、すべてが自己責任ということになるわけです。
そのような意味でも、買いだめというのはある程度まではしておいてしかるべきという気もするのです。

ただ、必要以上に買いだめするのは論外ですので、青汁を1、2箱程度でも購入しておこうかと思ってます。
カテゴリ: