pic4i.com

健康


帯状疱疹のレビュー

最近、帯状疱疹にかかってしまったのですが、意外に辛い病気でした。
かゆいし、ピリピリ痛いし、腫れるしで何も手につきません。

この帯状疱疹は、初老やストレスが増えた際など、体の免疫力が落ちた際にかかるウイルス性の皮膚病です。幼児期に水ぼうそうウイルスとして撃退されものの、神経節に隠れて反撃の機会をうかがっていたウイルスが、免疫力が落ちた頃合いを見計らって再活発化することで生じる病気になります。水ぼうそうの忠臣蔵みたいな感じかもしれません。

この水ぼうそうのウイルスが、隠れ家の神経節から皮膚に上がってくる際、神経をこわしてやってくるためにピリピリとした痛みが発生します。そして、皮膚まで浮上した際、水膨れの症状を発生させ、ニキビに似たブツブツができてしまいます。

体の左右のどちらかのみに、ピリピリとした痛みの伴う水膨れが生じた際は病院で診察されることをおすすめします。

私の場合はおでこにこんな感じのブツブツができました。

私の場合、症状が出る数日前ぐらいから下痢の症状があり、次に頭痛がきて、ブツブツが発生、そしてピリピリとした痛みを伴いながら、ブツブツの範囲が拡大していきました。

最初のブツブツ発生から2日後には皮膚科に直行し、すぐに薬を飲みはじめましたので、数か所のブツブツ程度で済んだのですが、もし病院に行くのが遅かったら、顔じゅうにブツブツが広がってしまったかもしれません。できるだけはやめに皮膚科の病院に行き、治療を受けられることをおすすめします。

あと、これは一般的なのかはよくわかりませんが、私の場合、神経を使うことをすると、痛みが出てくるように感じております。パソコン作業なども目が疲れますので、今もちょっと辛いです。

もともとは水ぼうそうウイルスに対する免疫力が落ちてくることにより生じてくるものなので、免疫力の抗体が増えてくるに従い、自然に治ってくるはずです。おおむね、1~2週間程度をピークに回復していくようですが、その抗体を作り出すために栄養補給をしっかりして、安静の状態をキープされることをおすすめします。

気になるのは、人にうつるのかどうかという点ですが、もともとが水ぼうそうのウイルスですので、水ぼうそうにかかったことのない幼児には接触しないことをおすすめします。この場合、帯状疱疹としてうつるのではなく、まずは水ぼうそうとしてうつるようです。

そして、その幼児の水ぼうそうが治り、その子が大人になった際には、同じように帯状疱疹として生じてくる可能性もあります。帯状疱疹は水ぼうそうで撃退されたウイルスが神経節に隠れ、大人になってから再活発化することで神経にそって生じてくるため、水ぼうそうにかかったことのない人に対して帯状疱疹そのものが人にうつることはないようです。

同じように、水ぼうそうにかかったことのない大人の場合も、水ぼうそうとしてうつることがありますので、妊婦さんや幼児には注意した方がよいでしょう。大人になってからの水ぼうそうは重症化するおそれもあるとのことで注意が必要です。

いずれにしても、仕事には集中できないと思いますので、安静にしていた方がよいと思います。特に、顔に出来た際などはまわりに配慮して休んだ方がぶなんかと思います。「あなたは水ぼうそうにかかったことありますか?妊娠してますか?」とか、いちいち確認するわけにもいきません。

ちなみに、帯状疱疹がなおりますと、免疫ウイルスが増えますので、再発する可能性はかなり低いようです。

ノロウイルスに感染か?症状の体験記

ノロウイルスは札幌ウィルスとも呼ばれているのですが、その経緯はよくわかりません。おそらく、日本ではじめて確認されたのが札幌だったからという理由かと思います。

私も最近、ノロウイルスにかかってしまったのですが、札幌に来てから2日後のことです。前週は千葉にて滞在しており、その後、東京へ出張、そのあと札幌へとやってきたのですが、到着後、2日目の夜から猛烈な嘔吐感をおぼえ、かなりしんどかったです。
胃腸がはれているような感覚を覚え、その数時間後、猛烈な嘔吐、腹痛、頭痛が続き、一晩は眠ることができませんでした。

10回ぐらいははいたでしょうか、胃液でのどのあたりが焼けるような思いをしながら、嘔吐感にさいなまれていたのですが、最終的に下痢の症状が出てきてからは改善されたように思います。

胃腸のなかからすべてのものを排出したらだいぶよくなったのですが、思うに、最初から水分補給をたくさんしておけば、もっとはやくに回復したような気がしています。

はくものがない状況での吐き気は苦しいものですが、水でも大量に飲んでおけば、それをはけばいいんですから、少しは楽になるのではないかと思います。

現在、回復してから2日目ですが、特に何ともありません。
年末で忙しいなか、大変な思いをしてしまいましたが、一旦、回復してしまうと何ともないようです。

ただ、お年寄りや子供の場合はけっこうキツイ症状のような気がします。
大の大人でもかなりしんどく、吐き気が止まないため、トイレの近くで一晩中よつんばいになりながらピクピクしている状態でした。
なぜ、四つん這いだったのかはわかりませんが、横になることができなかったのは確かです。

おすすめの対処方法としましては、ポカリを大量に飲むことをおすすめします。
胃腸薬なども併せて飲むといいかもしれませんが、その都度はいてしまうので、何回かの服用が必要かと思います。

遺伝子美容液なるもの

最近の基礎化粧品のブームは遺伝子美容液です。
名前だけ聞くとなんか恐ろしげな商品ですが、
遺伝子に働きかける美容液で、年齢による肌の衰えとかを回復させる役割を持つ化粧品です。

たとえば、ランコムジェニフィック。
日本でも遺伝子活性化粧品が有名になった先駆け的化粧品です。
若さを取り戻すために肌の細胞一つ一つに働きかけることで
再活性化をさせるもので爆発的に売れました。
値段も30mlで10000円なので消して安いわけではないのですが、
効果もそれなりにあるので人気商品です。

野菜の風評被害について

野菜の風評被害という点が問題になっていますが、これは判断の難しい面も多いかと思います。
たとえ健康に問題はないレベルだからといって、放射線が検出された野菜をわざわざ選んで食べるという人というのは、やはりそれほど多くはないと思うのです。

消費者からすると、これまでの政府の対応から考えて、国に頼ることができないという点だけははっきりしていますので、自分の身は自分で守らなければいけないのです。
自分と家族の安全を守るため、できるだけ放射性物質のついていない野菜を子供たちに食べさせたいと考えるのはごく普通の行動ともいえます。

青汁の買いだめはやはりいけませんね。

震災から一ヶ月以上が経過しておりますが、福島県では野菜の風評被害が発生しているようです。
個人的に野菜にはこだわっている方ですので、あちらの方でしか採れない野菜に出荷制限がかかるのは残念です。
からし菜?とかほうれん草とかはあの地域でしか採れない野菜なのでしょうか、いつもよく食べているのですが、市場に出回らなくなるのは残念でなりません。

あと、私は青汁をよく飲むのですが、こちらの方も、ケールや大麦若葉などが使用されているようですので、このあたりも気がかりではあります。
青汁の比較情報を見てみますと、ケールや大麦若葉などに関しては九州あたりの産地のものが多いようですので、直接的な影響は少ないように感じますが、いずれにしても、風の影響を大きく受けるはずですので一概にはいえないと思います。