pic4i.com

ウェブ


コンコルド効果で取得したtokyoドメインが手放せない

数年前にtokyoドメインを値上がり期待で購入したのですが、comやnetドメインと比較すると盛り上がりに欠ける面があり、あまり期待できません。

ドメインにつきましては、辞書にのっているようなドメインネームの場合、数億円単位の高額で取引されるケースもあるため、投資目的で購入することも多いのですが、comやnetとは違い、tokyoドメインの場合は盛り上がりや需要に欠けるところがあるようです。

この数十個のドメインの取得費用とこれまでの数年間の維持費用を含めまして、既に10万円ほどのコストがかかっておりますので、ここで手放してしまうと今までの費用が全て無駄になってしまいます。

だからといって、このまま値上がりもあまり期待できない状況で保有し続けると、毎年費用ばかりかかってしまうため、このままでは損失額がさらに増えていってしまいます。

このようなジレンマは、いわゆる「コンコルド効果」といわれており、超音速旅客機コンコルドの商業的な失敗からこのようにいわれております。つまり、このまま続けても損失になることはわかってはいるものの、それまでかけた莫大なお金を無駄にしてしまうことから、やめるにやめられないというジレンマです。

経済学的には「埋没費用(サンク・コスト)」などともいわれていますが、「機会損失」と比べるとネガティブなイメージで使われることが多いです。埋没費用はすでに発生してしまった損失を意味しますが、機会損失の場合は実際の損失は発生してはいないものの、本来は得ることができたであろう利益を逃してしまったという意味になりますので、両者にはまったく違う意味があります。

コンコルド効果の例

このコンコルド効果の例でいいますと、ギャンブルで負けが込んでいるにも関わらず、一発逆転を狙ってやめられないなどといった状況があてはまります。

また、お金だけではなく、費やした時間や肉体的な労力、あるいは精神的な思いなども関係してくるケースがあります。惚れた女性にあれこれ貢いではいるものの、まったく進展がなく、今後も期待できないなどといった状況がこれに当てはまります。

あるいは登山で吹雪に遭ってしまい、下山しなくてはいけないものの、山頂付近まで来ているためにあきらめきれないなどの状況もコンコルド効果の事例といってよいでしょう。

株の世界でいっても、損切りの判断ができなければ、膨大な損失につながってしまうものです。

加えて、実際のビジネスの世界でも、シャープの液晶パネルなどは埋没費用にこだわって転換できなかったことが現在のホンハイによる買収へつながる結果になったのだろうと思います。

これらは言い換えれば、「執着」といってもいいかもしれません。

一方で、あきらめないで続けていてよかったというケースも実際にあるのがやっかいなところですが、ビジネスにおいて経営者としての判断力が問われるところになります。

コンコルド効果に陥った際の打開策

話を戻しまして、すでに数万円を投入してしまい、埋没費用と化してしまったtokyoドメインについて、僕はいったいどうすればよいのでしょうか?

考えられる選択肢は以下の3つがあります。

①あきらめて手放し、これ以上の損失を増やさない
②このまま値上がりするまで継続して保有する
③一旦はあきらめて手放し、需要が発生しだした際にすぐに取得する(棚上げ、凍結)

コンコルド状態になってしまった場合、往々にしてオール・オア・ナッシング的な思考方法に陥りやすいものですが、一旦は距離を置くという③の選択肢があることも考慮に入れるべきだと思います。

いわば、戦略的撤退というものです。

例えば、ギャンブルの例でいえば、一旦は足を洗い、事業で成功してお金に余裕ができてからまた再開しようとか、女性に関しても一旦はアプローチするのをやめ、自分の魅力を高めてから再度アプローチしようというような、前向きな撤退のことを意味します。

また、株式投資でいえば、一旦は損切をして他の銘柄で利益を出してから再度買い集めようという思考方法になります。まったく全てをあきらめてしまうのとは違い、心理的にも受け入れやすく、今までのことも無駄にはならないため、メンタル面でもポジティブに取り組むことができる利点があります。

社長の私物を会社に売却して節税

私は法人を設立して3年目に入るのですが、これまで私個人の私物を会社の方で仕事の備品として使っていました。これは個人事業から法人化した際、忙しいあまりきちんと処理していなかったのが原因なのですが、ここに来て、やはり会社に備品として売却することにしました。

気が付けば、パソコンも自分の私物を会社でメインで使ってますし、PhotoshopやOfficeなどのソフトも、よく考えれば、全て自分で購入したものなのです。特に、Photoshopについては現在では既にパッケージ版が売り切れておりますので、売却しようと思えば高値で売れる状態です。

なので、私個人のPhotoshopをヤフオクなどに出品して売却し、仕事で使うものについては会社の経費で新しく買ってしまった方が会社の節税にもなりますし、売却できた分については自分のお小遣いにもなります。ただ、そうであるならば、直接、自分の会社へ売却した方がヤフオク出品の手間がはぶかれます。

そこでネットで調べてみますと、社長個人の私物を会社に売却して経費に計上するのは特に問題ないようです。もちろん、償却年数分を差し引いて、実態に見合う適正な価格で売却する必要がありますが、国税庁のホームページで耐用年数の一覧表が記載されていますので、個人で使っていた年数分を差し引いて買い取ってもらうのがよいと思います。

ちなみに、ソフトウェアの耐用年数については以下のようになっています。

「複写して販売するための原本」及び「研究開発用のもの」・・・・・・・・・3年
「その他のもの」・・・・・・・・・・・・5年

なので、私はPhotoshopの耐用年数は「5年」で処理致しましたが、これが妥当かどうかは不明ですので税務署にてご確認されることをおすすめします。

私の場合、個人事業の頃に自分でPhotoshopを購入してから3年が経過しており、法人成りした後も会社の仕事でずっと使用していました。会社の仕事でしか使っていないため、当然、会社で買い取ってもらって経費として計上してもよいものと思われます。

当時、9万円ぐらいで購入したのですが、3年分が経過しているので、耐用年数5年のうちの3年分を差し引いたとしても、9万円の5分の2の価格の3万6千円で会社に買い取ってもらうのが妥当と思います。また、消費税分も付けるべきと思います。

もし、明らかに社長個人の私物を会社の備品として使用している場合は、会社の備品として買い取ってもらい、節税されるとよいかもしれません。

ガラホ用サイトの構築は必要なのか?

ウェブサイトの閲覧環境がここ数年で激変してきておりますが、スマホやタブレット端末の普及により、モバイル端末ユーザーの割合が上昇している一方、デスクトップPCユーザーの割合が減少している傾向にあります。

一方でフィーチャーフォン端末、いわゆるガラケーユーザーも日本ではまだ多い状況です。5年ほど前にはガラケー対応も必須の要素ではありましたが、現在はフルブラウザ搭載のスマホが主流になってきているため、レスポンシブウェブデザインにて調整しているサイト運営者が多いです。

なので、デスクトップPC用とスマホ用、タブレット端末用に加え、ガラケーサイト用の4つの閲覧環境に対応する必要があるわけですが、一番面倒くさいのはフィーチャーフォン(ガラケー)用への対応ということになるでしょう。

スマホやタブレット端末の場合、レスポンシブウェブデザインが使えるため、CSSを変更するだけでデスクトップPCサイトをそのまま流用することができます。

しかし、フィーチャーフォン用のサイトというのは、スタイルシートの使用は前提とされていませんし、何よりもフルブラウザではないため、PC用サイトとはまったく別の形で構築しなくてはなりません。

そのような理由で、一般的にフィーチャーフォン用のサイトの構築は非常に面倒くさく、なおかつ手間がかかるのに対し、Javascriptを使用した広告掲載などはできないため、まったくお金にはならないです。サイト運営者にとっては対応するメリットが非常に乏しいものといえるでしょう。

なので、ボクはスマホとタブレット端末のみに対応し、ガラケーサイトへの対応はまったくやっていなかったのですが、ここにきて、ガラホなるものも登場してきており、もう何が何だかわからなくなってきています。

このガラホというのは、なんでも「ガラケー」と「スマホ」を合体させたタイプの携帯になるようなのですが、一応はフルブラウザが搭載されているようです。

ガラホの特徴

  • フルブラウザ搭載
  • タッチパネルではない
  • タッチパッド使用?

フルブラウザなら、レスポンシブウェブデザインを使い、CSSのみで切り分けできる気もしますが、このあたりの仕様はまだ詳しくは出てきていません。

タッチパネルではないのに、フルブラウザにして機能するのかという疑問もありますが、ノートブックのタッチパッドのようなものでカーソルを操作するタイプになるようです。

ガラホについては、おそらくはスマホサイトと兼用できるのではないかと考えておりますが、いずれ、実機を入手して調査してみたいと考えております。

東京五輪エンブレムの模倣疑惑問題

先日、デザイナーの佐野氏による五輪エンブレムが発表されました。けれども、サントリーのトートバックなどこれまでの佐野氏の作品にトレースしたものが多数見つかっており、サントリー側がデザインを取り下げる事態になってます。

このような状況のなか、東京五輪エンブレムについても模倣の疑惑がもちあがっているわけですが、IOCはこちらについては問題ないとの見解を示しており、今後も問題が長引いていくだろうと予測されております。

けれども、デザインというのはそもそもオリジナルかどうななどは判断のしようがありません。有名デザイナーでもパクっているわけですから、世間一般のデザイナーなどはほとんどがパクっているケースが当たり前の状態です。

私も以前、ウェブデザインについて、20万円程度でしたが業者に依頼したことがありました。
いくつか提案を受け、そのなかから選ぶことにしたのですが、デザインはもとより、使用されている素材などもほとんどが他人のサイトからパクってきたものだったので、何回もオリジナルのものを使ってほしいと要望したことがあったのです。

ひどいのになると、キャプチャー画像から素材の箇所だけを切り取り、それをpng画像で保存したりしていたりされていましたので、ジャギーが荒かったり、拡大すると汚れている箇所が出てきたりするのです。また、大き目の素材の場合、ネット上で画像検索するとまったく同一の素材が出てくることもあります。

けれども、このようなことはある程度の知識がないと、オリジナルかどうかなどの見分けはまったく気付きません。それをいいことに、パクリまくってお金だけもらえればよいというのがごく一般的なデザイナーなのです。
「パクっているのはごく1部の人だけじゃないの?」という認識の人が多いですが、実際でいえばまったく逆で、オリジナルで勝負しているのはごく1部の人だけというのが実態といえます。

大企業のサントリーでさえ、佐野氏のトレースによる盗用に気が付く人はいませんでした。中小企業ならなおさら気づくはずがなく、個人で気付く人はほぼ皆無です。

これはデザインだけではなく、小保方氏の論文の画像などもそうでした。世界的な権威のあるネーチャー論文レベルでもパクってなんぼというのが現在のデファクトスタンダードになってきております。

なので、高いお金を出してデザインなどを依頼するのは正直、ばかげた話です。この点に気付いてから、それ以来、ぼくは友人にデザインを依頼するようにしております。友人なら制作過程を気軽に見せてもらうこともできますし、パクリ疑惑があっても腹をわって話をすることができるからです。

結局のところ、何かを依頼するにしてもその筋に関する最低限の知識をもってなければ、ぼったくられるということです。それならば、パクリの可能性があったとしても、最初から著作権のあるデザインを安く買い取った方がよいと思います。

広告掲載は少なめなボク

最近、アドセンス広告をふたつに増やしてみたのですが、それほど収益が伸びたわけでもなかったようです。そこでふと考えてみたのですが、あまり収益が増えないのに、サイトの重要な箇所をクリック広告にご提供するのは効率が悪いのではないかなと。

手間暇かけて育てたかわいいサイトに、広告をペタペタ貼るのはやめようと思います。

だって、スマートプライジングっていうのがあるじゃないですか。 あと、広告をファーストビューの位置に掲載すると検索順位も落ちやすいというし。

まぁ、数万円ぐらいは収益が落ちるかもしれませんが、一旦はひとつに減らすことにしました。

もちろん、クリック単価の高い広告でしたら、2つ掲載しても単価が競合するはずですので、多数の広告を掲載する意味もあるかとは思いますが、ジャンルによっては単価の低いケースも多いものです。

そうなりますと、ふたつ掲載することにより、クリック単価の少ない広告も同時に掲載されてしまう可能性があるため、これは避けるべきではないかと思うのです。

特に、上下でふたつ掲載している場合、下の方がクリックされやすいにも関わらず、単価の高い広告は上に表示されてしまうと思うのです。

その点、ひとつだけにしておけば、自動的に一番高い広告が掲載されますので、クリックされた際のうまみのようなものがあるかと思います。

加えて、ひとつだけにすることにより、成果報酬タイプのアフィリエイトの成約率が伸びてくるはずだと考えています。

スタンスとしては、成果報酬を期待できないジャンルで、なおかつ、アクセス数の多いサイトでなら、どうせ成果報酬は見込めないわけですので、ひとつぐらい掲載する意味はあるかと思います。

けれども、成果報酬を期待できるジャンルでなら、クリック広告よりも、件1万円ぐらいの案件を掲載した方が効率がよいです。仮に、件1万でcvr5%程度の案件があるとすると、クリック単価500円ぐらいないと割にあいませんが、クリックタイプではそういう単価はあまりないはずです。

基本的に、成果報酬の広告に重点を置いて、アドセンスは成果が発生したらラッキーぐらいの感覚で掲載するのがいいのではないかなと思います。