pic4i.com

ウェブ


経費で備品を購入した際のポイントの扱い

会社の備品を楽天ショッピングで購入した場合、タイミングによっては10%のポイントが付くケースもあります。なので、アマゾンではなく、楽天で会社の備品を経費で購入しているのですが、この際のポイントの扱いについて疑問を感じてきております。

一般的な会社では、出張の際の航空券につくマイレージポイントなどがありますが、この分は役得として自分のポケットに納めている部長や課長が多いと思います。付いたポイントは自分の利益になるので、ポイント還元率の多い航空会社を利用しているはずかと思います。

その場合、高い航空券の方が還付されるポイント分が多いわけですので、できるだけ高いのを買おうという方向にいくかと思います。

でも、私の場合は法人の代表ではありますが、実質的に個人事業みたいなものですので、会社の税金分まで含めて考えるとさらに複雑になってきます。高い商品を購入することでのポイント付与分に加え、経費を高く計上することによる節税的な利益もからんでくるので、同じ商品であるなら、多少高くてもポイント付与の多いショップで購入したいわけです。

例えば、10万円の会計ソフトなどを購入する場合、楽天とアマゾンでは以下のような違いが出てきます。

楽天:経費10万円、ポイント付与1,000円
アマゾン:経費10万円のみ

この場合、計上する経費は同じでもポイント分だけお得になるわけです。

けれども、おうおうにして、楽天とアマゾンで同じ価格ということはほとんどありません。ポイントが付く分、金額的には高めの設定になっていたり、送料がかかってしまうケースも多いわけです。

例えば、ポイントで還元する分、価格の方は高く設定させて頂きますよっていうケースです。

楽天:経費11万円、ポイント10倍付与11,000円
アマゾン:経費10万円のみ

こんなケースだと、経費計上が11万円で多くなりますので、利益が圧縮されて税金が安くなる分、仮に税率が50%としますと、実際の負担は以下のような違いが出てきます。

楽天:11万円-ポイント分11,000円-税金が安くなる分55,000円=44,000円
アマゾン:10万円-税金分5万円=5万円

この差、6,000円も違ってきちゃうわけです。

もちろん、これを社員がやっている場合には、ポイント分は社員のポケットに消えるわけですので、経費が増えるだけで会社のオーナーにとっては負担にしかなりません。

楽天:11万円-税金分55,000円=55,000円
アマゾン:10万円-税金分5万円=5万円

実質的にマイナス5,000円になってしまいます。

なんともセコイ気がしますが、法律上、ポイントの扱いは決まっていないようですので、この部分で脱税にあたるのかどうかの疑問がいろいろあったりするわけです。いわゆる飛行機のマイレージの役得と同じような感じになるかと思いますが、どうなんでしょうね?

収益力のあるサイトの構築方法

収益力の高いサイトを構築する場合、一番効率的なのはその商品を購入直前のアクセスを集めるに尽きます。買うつもりもない人に広告を表示しても、CVR(コンバージョンレート)は低いですので、あまり意味がないわけです。

このコンバージョンレートというのは、広告をクリックした際、実際にどのくらいの割合で購入に結び付くかを表す指標となるものです。

この点、ニュース系や最新情報を掲載しているサイトで、コンテンツ内容とは無関係な広告が表示されていることもありますが、これはそれほど意味がないというか、効率的ではないといえるわけです。
もちろん、膨大なアクセス数があれば話は別で、CVRの関係ないペイ・パービューやペイ・パークリックの広告を掲載すれば、ある程度の収益はあるかとは思いますが、コンテンツが商品購入へベクトルの向いたまとまった形でのサイトでなければ、あまり広告効果は見込めないでしょう。

つまり、ニュース系サイトへは最新情報を求めにやってきているわけで、商品を購入するためにやってきているわけではなく、訪問者側での動機がそもそも違ってくるわけです。

この点を見逃してしまうと、見たくもない人に無理やり広告を表示させるような「あさましさ」が出てきてしまうことになるわけですが、ネット初心者の方にとっては、不快な思いをさせてしまうことにもなりかねません。

ネット上での収益化を目指す場合、いかにして関連した情報を的確に提供するかがカギとなってくるでしょう。

ホームページ素材を大量購入

最近はわけもなくホームページを作っているのですが、「きれいなウェブサイトを作りたい!」そんな気持ちが強くなってきました。

ホームページも人間も、やはりみかけが大切です。

往々にして、ダークなアングラサイトには暗い画像が使われているものですし、ハッピーなサイトにはきれいな画像が使われてるものです。ホームページも人も、作る人の内面が反映されたものと考えても過言ではありません。

そうであるならば、意図的にきれいな画像素材をホームページに採用することで、逆に内面を磨くことにもつながるのではないか、そんな逆転の発想から最近はいろいろと写真素材(picture material)などを購入しています。

この画像素材については有料サイトで購入すれば簡単にゲットできます。
ホームページ素材を購入できるサイトとしては、わたしは主に「fotolia」を利用しているのですが、ほかにも「iストックフォト」など格安で購入できるサイトが多いです。

費用はだいたいひとつ数百円程度のものが多く、まとめて購入すると割り引きになったりするのでまとめて大量に購入したりもしています。

このウェブサイト上で使用する素材に関しては、個人的にはやはり、イラスト的な素材が最適なように感じます。といいますのも、顔などの映っている写真の場合は注意が散漫になってしまうことも多く、コンテンツに集中してもらえなくなるという傾向があるからです。

意識的に明るめの素材をホームページに採用することで、サイト運営者も訪問者も気持ちが明るくなるといいですね...。

たまったレビューをまとめて投稿

商品を購入したまま、レビューの投稿はほったらかし状態だったのですが、さっきまとめて投稿してきました。10個ぐらいたまっていたんですが、1件1分ぐらいで処理してきた次第です。こころなし、何だかすっきりしますが、このレビューというのは、いったい何のため、誰のためにやっているのだろう?という気もしてくるわけです。

やはり、10記事も投稿するとなると、私の時給に換算しますと、少なくとも500円ぐらいはもらわないとわりにあわないです。一種の労働になるわけですけれども、ただ、考えて見ますと、報酬はレビューの参照という形ですでに受け取っていることになるのかもしれません。

私も商品を購入するときは、レビューなどを参考にさせていただきますが、そのような情報が一切なければ、やはり困ってしまうと思うのです。この時点で、有益な情報という形での対価をすでにもらっているわけです。その支払い分は、自分もレビューを投稿するということで対価を払うことになるのかもしれません。

いわゆる、ギブ・アンド・テイクですが、一見すると無償でやっているようなことでも、めぐりめぐって自分のためにやっているということになるのかもしれないです。目先の利益がないと動かない人もいますが、まずは無償の行為をほどこすことが大切だと思うのです。

ただ、そういう人の善意を利用してお金もうけをしようという人もなかにはいます。つまり、運営サイドからみると、ユーザーが参加することで、自然とコンテンツが増えていくタイプのものが一番手間がかからないわけですが、そこに広告を載せたりして稼ぐという方法です。このあたり、ある程度は仕方がないとしても、できるだけ、自分が楽しめる形で参加するのがよいかと思うのです。

女性向けの化粧品広告が増加

少し前まで企業の広告費NO.1は自動車企業でした。
でも最近見ないなぁと思ったら、
最近では女性向けの化粧品が上位だそうです。

MSNやYahooのページを開くと右側に広告の窓がありますが、
LANCOME(ランコム)や
HR(ヘレナルビンスタイン)、
CHANEL(シャネル)など
私が見るときは化粧品の広告ばかり表示されます。

この広告はランダムに表示されているようですが、
自分のよく見るサービスや商品が広告表示されるように
なっているそうです。

ちなみに、検索結果に表示されるものは、リスティング広告といわれていて、
検索したキーワードに連動して関連広告が表示されるみたいです。

少し難しい話ですが、今、ネット業界では情報の氾濫が問題視されています。
Web上に無料で情報がたくさんあるのはすごくよいことに見えるのですが、
実は単純に喜んでいられるわけではないのです。

何かネットで調べるときに窓みたいなところに
検索したい言葉を入れて検索エンジンで探すと思いますが、
年々"ヒット率"が下がってきているそうです。

これは、ここ数年のブログ、twitterなどで誰でも
情報を発信できることから、
IT業界が考えていたより情報が増えすぎて、
その結果、単純検索しても欲しい情報が見つけられないという状況になっています。

今、IT業界では、次世代の検索エンジンに人工知能を乗せることを考えて
研究・開発しているそうです。
最近、検索エンジンが賢くなったな。と感じたら
それは技術の向上があるんですね。