たまったレビューをまとめて投稿

商品を購入したまま、レビューの投稿はほったらかし状態だったのですが、さっきまとめて投稿してきました。10個ぐらいたまっていたんですが、1件1分ぐらいで処理してきた次第です。こころなし、何だかすっきりしますが、このレビューというのは、いったい何のため、誰のためにやっているのだろう?という気もしてくるわけです。

やはり、10記事も投稿するとなると、私の時給に換算しますと、少なくとも500円ぐらいはもらわないとわりにあわないです。一種の労働になるわけですけれども、ただ、考えて見ますと、報酬はレビューの参照という形ですでに受け取っていることになるのかもしれません。

私も商品を購入するときは、レビューなどを参考にさせていただきますが、そのような情報が一切なければ、やはり困ってしまうと思うのです。この時点で、有益な情報という形での対価をすでにもらっているわけです。その支払い分は、自分もレビューを投稿するということで対価を払うことになるのかもしれません。

いわゆる、ギブ・アンド・テイクですが、一見すると無償でやっているようなことでも、めぐりめぐって自分のためにやっているということになるのかもしれないです。目先の利益がないと動かない人もいますが、まずは無償の行為をほどこすことが大切だと思うのです。

ただ、そういう人の善意を利用してお金もうけをしようという人もなかにはいます。つまり、運営サイドからみると、ユーザーが参加することで、自然とコンテンツが増えていくタイプのものが一番手間がかからないわけですが、そこに広告を載せたりして稼ぐという方法です。このあたり、ある程度は仕方がないとしても、できるだけ、自分が楽しめる形で参加するのがよいかと思うのです。
カテゴリ: