遺伝子美容液なるもの

最近の基礎化粧品のブームは遺伝子美容液です。
名前だけ聞くとなんか恐ろしげな商品ですが、
遺伝子に働きかける美容液で、年齢による肌の衰えとかを回復させる役割を持つ化粧品です。

たとえば、ランコムジェニフィック。
日本でも遺伝子活性化粧品が有名になった先駆け的化粧品です。
若さを取り戻すために肌の細胞一つ一つに働きかけることで
再活性化をさせるもので爆発的に売れました。
値段も30mlで10000円なので消して安いわけではないのですが、
効果もそれなりにあるので人気商品です。
同じような商品にNOEVIAノエビアのバイオサイン インナートリートメントが
あります。こちらは45mlで18000円。
値段だけ見るとすごく高く見えますが、実は同じくらいの金額です。
ノエビアの説明によると22年の研究で培われたバイオ研究の結果
生まれた商品で、あらゆる細胞の衰えに効くそうです。

使用方法はどちらも同じく、洗顔後すぐにつけます。
浸透力はノエビアのほうが上のような気がしますが、
化粧品の瓶はランコムのほうが上です。
瓶も美容には重要項目ですから。
どちらも少しドロッとしたテクスチャーで白濁した液体です。
こういう感触の液体は肌に浸透しにくいというのが定石ですが、
分子が小さいので肌になじみやすい。

確かにこの美容液を使った後の化粧水も乳液の効果も
引き出されているような気がします。
カテゴリ: