pic4i.com

エンタメ情報


デジカメを購入する際の比較ポイント

3年程前の同じ時期にデジカメを2個買ったのですが、1個目は頻繁に使っているものの、もう1個の方はぜんぜん使っていませんでした。当時、とりあえずはこっちでいいやと最初に購入したやつを使い始めたのですが、それっきりずっと1個目のを使い続けており、2個目のカメラはまったく使ってません。

けれども、よーく考えてみると2個目の方が価格が高かったですし、性能的にもスペックが高いようなのです。どうも宝の持ち腐れになっているようなので、ついでにiPhone 6のカメラも加えて性能を比較してみたのですが、以下のような違いがあるようなのです。

①ニコンのやつ
②パナソニックのやつ
③iPhone 6搭載のメインカメラ

画素数

①4,608×3,456=15,925,248(約1,590万画素)
②4,320×3,240=13,996,800(約1,400万画素)
③800万画素

画素数はドットの数的な意味合いになりますが、デジカメの場合、1,400万画素程度のものが多いようです。iPhoneでも800万画素があり十分に高画質といえます。最近のデジカメでは2,000万画素のものも多いです。

レンズの大きさ

①1/2.3型原色CMOS
②1/2.33型
③不明

イメージセンサーの大きさも重要な要素といえます。大型のプロ用カメラで35mmフルサイズ(フィルム幅)のセンサーは36mm×24mm(ライカ版など)ぐらいありますが、上記のデジカメのタイプですと6.2mm×4.6mmぐらいで小さ目になります。最近のデジカメでは1型CMOSなど大き目のレンズも多いようです。

ズーム機能

①光学14倍 デジタルズーム2倍
②光学20倍 デジタルズーム4倍
③光学ズームなし

ズーム機能には大きく分けて光学ズームとデジタルズームがありますが、注目すべき性能は「光学ズーム」の方です。デジタルズームは切り抜いた部分を拡大する画像処理的なものなので、ぼやけてしまうデメリットがあるのに対し、光学ズームは望遠的にそのまま拡大するものなのでまったく別物といえます。

たぶん、デジタルズームの方はphotoshopなどを使っても同じように拡大できるはずなので、あまり重要な要素とはいえないはずです。(個人的な感想です。)

以上のように、ズーム機能的には2個目のデジカメの方が性能が良いので価格が高かったのだろうと思います。せっかくなんで、性能のよい方をこれからは使うことにします。

これから新しくデジカメを購入される方も、上記のような「画素数」と「レンズの大きさ」、それに「ズーム機能」に注目して比較されることをおすすめします。他、手ぶれ補正機能などもあった方がよいでしょう。

温暖化の影響で北海道が桜の観光名所になるであろう。

北海道にも桜前線が到来しました。

今年(2015年)は平年よりもかなり早いようで、道内ではゴールデンウィーク中に見ごろになる地域が多いようです。札幌ではちょっと遅いかもしれませんが、それほど遅すぎるということはないかもしれません。

こちらは4月30日に撮影したものですが、後ろに見えているのは札幌のテレビ塔です。

ちなみに、2013年の札幌の桜前線の記事はこちらです。
北国にも桜前線が到来しました。

気になるのは全国の観光スポットの集客状況ですが、例年なら東北地方ではゴールデンウィーク中にサクラが満開になるようなのですが、今年は散り始めているかもしれません。なかには、GW中に満開を見越して出かけたものの、すでに散っていた...ということになりはしまいかと心配しています。

ただ、有名な観光スポットでは桜の種類も豊富に取り揃えているようで、ソメイヨシノは散り始めたものの、シダレザクラなどは満開になっていたりと何かしらの花見が楽しめるのではないでしょうか。

また、散り始めても桜吹雪やサクラ絨毯なども楽しめるので、行って損はないと思います。
いずれにしても、連休中は初めの方でお出かけになった方がよいでしょう。

ちなみに、桜の観光スポットの集客数でいうと、東北が全国一なのだそうです。
これは桜が見事であるという理由のほかにも、やはり、ゴールデンウィーク中に満開の状態になるのが東北という理由によるものと思われます。

その点、今年は早めに咲き始めていますので、ゴールデンウィークは北海道でお花見をするのもよいかと思います。道民としましては桜の品種改良をして、常にGW中に満開になるようにすれば、集客アップにもつながるのではないかと思いますが無理なんでしょうか。

有名な桜スポットでは100万人とか200万人の集客力があるようなので、北海道に桜の観光名所を作れないものかという気がします。シートをかぶせたり、あるいは肥料や水の量を調整するなどして、意図的に満開時期を調整できるような気もするのですが、北海道は寒すぎるのかなという気もします。

沖縄でもソメイヨシノは育つようなのですが、暖か過ぎて花は咲かないそうです。逆に北海道は寒すぎて育たないようなのですが、地球温暖化の影響で気温が上昇してきますと、不幸中の幸いで北海道が今後の桜名所になる日がやってくるかもしれません。

北国にも桜前線が到来しました。

北海道にもようやくサクラ前線がやってきました。

沖縄は確か1月頃、首都圏で4月頃だったかと思いますが、私の街にもようやく春がやってきたようです。

各地の桜を比較してみますと、沖縄の桜は南国ちっくなやつですが、カンヒザクラという品種らしいです。ずいぶん前に沖縄で花見をしたことがあるのですが、一般的には沖縄の桜はあまり人気がないようです。ただ、その時に案内してくれた女性の方がでーじちゅらさんな人だったんで、楽しい思い出として残っております。

一方、首都圏はソメイヨシノですが、やはり桜といえばソメイヨシノが一番美しいです。雪のようにハラハラと落ちる桜は、沖縄や北海道の桜とは趣きがひと味ちがいます。やはり、桜といえば、ソメイヨシノじゃないですかね。

私の住む北海道の場合、品種としてはエゾヤマザクラとか、ヤエザクラ、チシマザクラなどになるようです。ただ、地元ながらなまらキレイとは言いがたいです。何というか、大き目でちょっと色が濃かったりするんですよね、北国の桜って。

とはいえ、やはり実際に咲いているところを見れば、毎年ながら感動してしまいます。日本に生まれてよかったなと思う瞬間です。

ちなみに、外国の桜はどうなのかというとアメリカなどにも桜があるようです。大統領が子供の頃、桜の木を切っちゃって正直にいってえらかったねというお話が有名ですが、戦前には東京からソメイヨシノがワシントンに送られたりもしていたそうです。

私も学生の頃にワシントンにはいったことがあるんですが、ちょうど真夏でしたし、カンカン照りのなか、ふらふらしながら迷子になってた思い出しかないんで、桜は見ることができませんでした。おぼろげながら桜の並木があったような記憶もあるのですが、あれが日本から贈られたものとはあとになってから知ったことです。

ネット上で検索してみると、ワシントンの桜祭りなどを見ることができますが、これは素晴らしいです。たぶん、日本よりもクオリティーが高い桜並木のような気がします。これは当時の東京市長の尾崎行雄さんグッジョブでした。

いつか機会があれば、春のワシントンに訪れてみたいです。今年の全米桜祭りは3月20日だったようですが、毎年、そのあたりの時期に開催されているようですね。

ふるさと納税の枠はもっと大きくしてもよい

ふるさと納税制度を利用してみたのですが、自治体によって頑張っている地域とのほほーんとしている地域があるようです。地元の特産品をPRしようと力を入れているところもあれば、特に何もしていない自治体もあったりして、今後はますます差ができていくだろうという気がしております。

わたしの住んでいる地域はほんとやる気がなくて、感謝状の紙切れひとつで済まそうとしているようなんです。なので、来年は住民税の1部を他の地域に納税することにしました。

現実的で低コスト、かつ有効なアイディアが私にはたくさんありますが、たぶん、そういう提案をしても公務員特有のやる気のなさやネガティブな対応で流されるはずですので、特に提案する気はありませんが、もう少し力を入れて欲しいものです。

「税金」を受けている公共サービスの対価と考えますと、自分の住んでいる地域に納税するのが一番ではありますが、来年は他の自治体にふるさと納税することにします。

そもそも公務員の仕事はよい市民サービスを提供することにあるわけです。

けれども、税収が少なければ、よいサービスを提供することはできません。そういった意味では、まずは税収を確保することが公務員の使命であるとも思いますが、この点においてまったくやる気のない公務員が多いものです。

今までは税金を払うのが当たり前でしたが、この地域には払わないという選択肢が出来るようになったわけです。嫌なら、そこには税金を払わず、他の地域に納税してもぜんぜんOKです。

ある意味、革新的な内容のものといってもよいでしょう。今後、ふるさと納税の枠が拡大されれば、地方公務員という概念自体がなくなってしまうかもしれません。

目先のことを考えれば、自分の住んでいる自治体に納税するのが一番かとは思いますが、長期的、かつより大きな視点でとらえれば、がんばっている自治体に納税するのが一番よい気がいたします。

多くの税収を確保した優秀な自治体の公務員には特別ボーナスを支払ってもぜんぜんいいと思います。

一方で、税収が減少した地域の公務員についてはクビにしてもらいたいものです。こういった面からどんどん規制緩和していって、日本を活性化していってほしいものです。

もし市民サービスの窓口で横暴な態度を取られたら、「そんな態度なら、来年はふるさと納税だぞ?いいのか?」とかいってやればいいんです。「それだけは勘弁してください。」みたいになる日が来ると私は信じております。

また、ランキング形式で公表して、ふるさと納税で税収が増えた地域と減った地域を調べ、たくさんの税収を確保した地域でランキングすればいいと思います。現状でいえば、住民税に占めるふるさと納税枠は1割程度といったものかと思いますが、個人的には、これを5割程度まで増やしていってもぜんぜん問題ないような気がします。

結果的に、頑張っている地方は住み心地がよくなるはずですし、大都市のサービスは劣悪なものとなっていくはずですので、首都圏への人口集中や地方の過疎化といった問題も解決されることでしょう。

暴落中のこわい感覚が一番の買いシグナル

株式投資で私が最も注意していることは、「一番こわいところで買い向かえるか?」という点です。

一般的な個人トレーダーのほとんどは収益がマイナスであるとが言われています。サラリーマンや個人資産家の投資資金が、外資系や国内の機関投資家へ流れているという実態があります。

相場でいかにも上がりそうなふいんきを作り出し、株価を吊り上げきったところで売り切るというのがパターンとなっているわけです。

また、そろそろ上がるだろう、そういう希望的観測でずっと塩漬け状態になっている個人投資家も多いかと思いますが、痛みを伴っても損切しなくてはいけない時があります。
これが出来なければ、株式投資で収益を上げることは難しいと考えた方がよいでしょう。

けれども、この「一番こわいところで買う」ということと「痛みを伴う損切」に関しては、一般の個人投資家が一番苦手としているところではないでしょうか。

それもそのはず、誰もが儲けたいという欲から投資しているわけですので、損はしたくないという気持ちが強く、さらに下がりそうな株を買う事や痛みを伴う損切が苦手なのです。

ある程度の損失にふくらんできますと、その現実に目をつぶり、長期的な塩漬け状態にしてしまい、利益が見込めそうな相場に変わった際にも資金を投入することができなくなってしまうわけです。

株価が暴落し、翌日も値を下げ、さらにその翌日も下げたとします。

たいてい、この段階ではその後もさらに数週間程度は株価が回復しません。1週間、2週間と経過するうちに、我慢しきれずに投げてしまう人がボロボロと出始め、最終的に総投げ状態となって1か月後にはふたたび暴落する事態となってしまうわけです。
その後も長期的にジリ下げ状態が続き、株価が回復しないというケースが多々あります。

そのような事態を予測しつつも、暴落している最中に買い向かうには勇気のいることですが、そのような投資をしなければ、資産を増やすことは期待できないものと考えています。このこわい感覚というのを私は買いシグナルのひとつとして投資しています。